ブランド バッグ

バッグ・財布・シューズの皮革別によるお手入れ方法

バッグ・財布・シューズの皮革別によるお手入れ方法

■皮革別によるお手入れ方法

革のバッグの手入れ方法はそれほど難しくありません。

ブランドのバッグなど高級なバッグを「バッグの手入れ方法」を知らないためにダメにしてしまったという事がないように 幾つかの基本となる「お約束」を守って革バッグと上手に付き合っていきましょう。

皮革はどの素材も小まめなお手入れが必要です。

お手入れをしっかりしているとその分革のバッグは長持ちし、どんどんと肩や手になじむようになります。

ここでは代表的なお手入れ方法・対処方法をご紹介します。

染料仕上げのレザー・素ヌメの場合


■ 定期的におこなうお手入れ

毛足の柔らかいブラシでホコリなどをおとすようにブラッシングする。 乾いた布等で乾拭きしてください。


■ 雨など水に濡れたら

できるだけ早く乾いた布やティッシュペーパーなどで水分をふきとります。 そして製品の形を整え、吸水性のある紙類をつめて陰干しをして下さい。

この処理が遅れた場合や水濡れの程度のひどい場合、残念ですが復元不可能な場合があります。 一時的に色が濃くなりま

すがすぐに上記対処をして頂くと比較的元通りなります。

また、ドライヤー、ストーブ、スチームアイロンなど高温での乾燥や、直射日光による乾燥方法は、革の繊維の収縮、変形、 変質、変色につながり、復元が難しくなりますので絶対に避けてください。

防水スプレーを使用する場合はカバンが乾いた状態でしてください。あまりスプレーを近づけすぎるとシミになり、 シミがとれなくなるので十分注意しながら使用してください。


■ 汚れたら

汚れの種類にもよって対処方法は異なります。 ヌメ革や染料仕上げの革についたシミ汚れは、市販のレザーソープを使って洗うことで、きれいになることがあります。 市販のレザーソープを使用する際は十分に注意しながらおこなってください。

バッグの見えにくいところで試してからおこなうのがベストです。


■ 保管時

大切に保管し過ぎることが、硬化やカビの繁殖につながる場合もあります。また、紫外線は変色や退色の原因になるため 直射日光下に放置することは避けてください。定期的に空気がとおる場所に出し、呼吸させてあげることと保型材を いれて置くことが重要です。

顔料仕上げのレザーの場合


■ 定期的におこなうお手入れ

毛足の柔らかいブラシでホコリなどをおとすようにブラッシングする。 乾いた布等で乾拭きしてください。


■ 雨など水に濡れたら

顔料仕上げの革は付着汚れ」。付着汚れに対しては消しゴムなどで擦り取る方法があげられますが、この方法は部分的に 汚れが取れることによるムラや、逆に革の表面を傷めてしまう場合もありますので、十分な注意が必要です。


■ 保管時

大切に保管し過ぎることが、硬化や雑菌の繁殖につながる場合もあります。また、紫外線は変色や退色の原因になるため 直射日光下に放置することは避けてください。

定期的に空気がとおる場所に出し、呼吸させてあげることと保型材を いれて置くことが重要です。染料仕上げのレザーよりもカビなどは生えにくいですが、や はり定期的に上記のお手入れをしたほうが良いです。


合成皮革の場合

■ 合成皮革に関して

合皮のほとんどはポリウレタンという生地です。これは「加水分解」といって、空気中の水分と結合して徐々に劣化が進行します。 水分が作用するので全く使用していなくても空気中の水分により劣化は進みます。

劣化が進んだところにクリーニングなどの「もみ作用」や「熱」等が加わると、表面がひび割れたり、はがれたりします。 特に口元(開口部分)や角の縫い合わせなどの部分で顕著に現れます。

目安としては製造から2、3年ほどですが、これは「生地が作られてから」3年であって、お客様が購入してから3年では決してありま せんし、製品が作られてから3年でもありません。

生地になった時点から劣化はすすんでいきます。 ポリウレタンという生地は「耐久性」を犠牲にして「ファッション性」「見た目」を優先させた、素材ということを理解しておいてください。

■ 雨など水に濡れたら

素早く拭き取り、直射日光が当たらず高温多湿ではない場所で乾かしてください。 ※ドライヤーなど一気に熱を与えると化学繊維ですので溶ける可能性がありますので絶対にしないでください。


■ 定期的におこなうお手入れ

お手入れ方法としてはやはり化学繊維ですので効果的なものはありません。 汚れを掃い、直射日光が当たらず高温多湿ではない場所で保管してください。


カビが生えた場合

革製品は、動物性たんぱく質を含んでいるため、一般繊維よりもカビが繁殖しやすくなっています。

カビは温度と湿度、栄養があればどんどん繁殖します。夏のクローゼットの中のレザーはカビにとって好条件の環境となっています。 カビが生えてしまった場合、カビの生えたものを玄関や廊下などの場所に移動させます。

周りのものにもカビが生えていないか良く確認し、その場所を通気するようにしましょう。

一度、バッグに生えてしまったカビは、カラ拭きしても完全には取れません。とりあえずは、濡れタオルで一度拭き、そのあとに必ず天日干しをするようにしてください。

スエードやヌバック、バックスキンなどの皮革は、毛先の柔らかいブラシで優しく掃き落とし、細かい箇所には歯ブラシや綿棒を使うと効果的です。

カビ菌の菌糸が革の奥まで浸食している場合は、完全に取り除くことが困難になります。 その場合は、専門の革製品のクリーニング店に相談するのが良いです。


■ カビの予防方法

革製品のカビ再発率は極めて高くなっています。

大切なバッグは日頃から気にかけてメンテナンスをすることが大切です。 クローゼットやタンスの中には除湿剤を置き、長期保存する場合も、たまには外に出し、風通しのよい場所に吊るし陰干しをしましょう。

クローゼットなどに収納する場合は内側の湿気を十分に飛ばしてからにすることも大切です。

メンテナンスオイルを塗り込んだ時は、表面を乾拭きして磨き、余分なオイルを取り除き、風通しの良い場所で乾かしましょう。

オイルを塗ってから、そのまますぐに保管してしますとカビの栄養分になってしまうので、十分に乾かしてから収納しましょう。

カビや細菌は、日常的に使っているもの(衣類、寝具、テレビや冷蔵庫など)の表面に常に付着しています。

それらが適した湿度条件で急激に繁殖をし始めるので「カビが増殖するような条件にしない」ことが肝心です。


保管の仕方

しばらく使用せず保管しておく場合には型崩れしなよう中に新聞紙などを丸めて詰めておくことが効果的です。 新聞紙を詰めておくことで、中の湿気を取るのにも役立ちます。

汚れや金属部分のくもりは拭き取って陰干ししてから収納します。汚れたまま収納してしまうとカビになったり、汚れが落ちにくくなってしまいます。

保管場所は高温多湿のところは避け、たまに出して風を通すようにします。

箱に入れておく場合はカメラ用の防カビ在などを入れておくもの効果的です。

保管の際には、密閉しないように通気性の良い柔らかい布(購入の際についている不織布など)にひとつず入れてみそのまま保管します。

色の違う革同士が長期間密着すると濃い色の革の染料が薄い色の方に移ってしまうことがあります。 口金や口枠のバッグは必ず口を開けておき、革が密着しないように布を挟んでおきます。

また、持ち手やショルダーストラップが他の部分に密着している場合も色が移ってしまうことがありますので、同様に間に布を挟んでおきます。


革財布のお手入れ

■ 革財布を長持ちさせる

新しい革財布を使い始める際、少し注意するだけで長持ちさせるポイントがあります。 それは、小銭やカード等の中身を一度にすべて移し替えないことです。

急に革財布の中にパンパンに物を詰め込んでしまうと革に負担がかかり、革が伸びてしまいます。

小銭やカード類は少しずつ革をならしながら入れ替えるようにしましょう。

また、あまりたくさんのカードをいると、それだけでも革を痛めてしまう原因にもなりますので、小銭やカードが 多い人はコインケースやカードケースの利用をおススメします。それだけでも革財布への負担が少なくなり形を綺麗に保ったまま長持ちさせることができます。


■ 毎日のお手入れ方法

革財布もバッグと同様、簡単でもいいので毎日のお手入れが理想的です。

天然素材の柔らかい二のでさっと乾拭きするだけでいいので手間にはなりません。

乾拭きは革の表面についた埃をお年、革を若々しく光沢のある状態を保ってくれます。乾拭きする際には力は入れず、優しく拭くようにしましょう。 力を入れすぎてしまうと、残った埃を擦り付け余計な傷を作る原因にもなります。

乾拭きの際に使用するものは眼鏡ふきのような柔らかい素材がおすすめです。また、身近なものでは男性の肌着として利用する綿のTシャツも最適です。


■ 汚れが付いた場合

革財布に汚れがついた場合、出来るだけ早めにお手入れしてあげることが重要になってきます。 革成否は汚れがついてから時間が経ってしまうと、どんどん汚れが革の中に浸透していき、落とすことができなくなります。

少しの汚れは、軽く水を含ませた布で優しく拭います。ただし拭いた後はしっかりと陰干しして湿気を逃してあげるのが大切です。もし水分が多くしみこんでしまうとシミになってしまうので、あくまでも軽く水を含ます程度にしてください。

また、手あかが目立つようになってきたときは専用のクリーナーを使うようにしましょう。

クリーナーのも革製品と相性の良し悪しがあります。

革製品に使用する場合は汚れの目立たない場所で試し拭きしてから使うようにしましょう。


■ 濡れてしまった時の場合

水に濡れてしまった場合もバッグと同様に出来るだけ早めにお手入れをしてあげることが重要です。

水に濡れたまま放置すると、シミになるだけでなく、ひどい場合変形が起こり、ひび割れやシワ、形が元に戻らなくなってしまうことがあります。

雨などで水に濡らしてしまった場合の1番の対処方法は、出来るだけ早く乾いた布でよく拭き、しっかりと陰干しすることです。 急いで乾かそうとし、ドライヤーやヒーターの温風を当てるのは厳禁です。また直射日光に当てての乾燥もやめましょう。

急激な感想は革にダメージを与え収縮させるのでシワが残ってしまう可能性が非常に高くなります。 あくまで時間をかけて徐々に湿気を取り除くようにしましょう。

十分に自然乾燥させた革製品は、水分に加え本来含んでいる油分も抜けきった状態になるので、仕上げにクリームを塗り込んで栄養分を与えます。

これでほぼ元の状態に戻すことができます。

しかし、どちらにしろ革製品は濡らさないように心掛けましょう。


最も良いブランドコピー品通販、全て新品、高い品質、激安、送料 無料。ブランドコピー財布、ブランドバッグコピー、ブランドコピー時計など世界中有名な ブランドレプリカを格安で通販しております。今年最新のデザインのグッチバッグを販売して、全商品はプロの目にも分からない ブランドバッグコピーN品です。ブランドコピーを初め世界中有名なコピーブランドを激安で 通販しております.